フィット 値引き 決算

1年の中で新車がもっとも多く売れるのは3月。それはなぜかご存知ですか?

それはもっとも値引きが大きくなる決算直前だからなんです。フィットに限らずどの車種でも同じことが言えます。

 

日本車のディーラーのほとんどは決算が3月です。
決算月が終わる前に1台でも多く販売成績を上げたいのが本音。株主総会で株主にいい報告をしたいですから。

そのためにディーラーの本社から販売店にはっぱがかけられます。
販売奨励金も上乗せされます。それが値引きの原資となりますので、いつもより多い値引き額で販売できるのです。

3月に次いで9月の販売台数が多いのも、9月の中間決算を控えているからです。

さらに月の初めより末のほうが有利だというのも業界の常識です。
これはセールスマンの思惑があると言われています。小規模な販売店では販売台数が少ないのは当然ですが、そういった店舗ではセールスマンの成績は月に1~2台程度になります。月に1台も売れないというのはセールスマンの評価はよくないわけです。そうなると何とか売りたいということで、月末が近づくとセールスマンは値引きを大きくしてでも売らざるを得ないわけです。

 

これらのことを考えると、すでに1、2月から交渉を始めておいて、3月末の成約に持っていくことが年間での最良の戦略ということになります。

ただあまりに販売店のお客さんが多い状況だとセールスマンが忙しすぎて、十分に交渉してくれない可能性があります。その場合は3月末にこだわらず、2月末で成約してしまったほうがいいかもしれません。

うまく交渉してフィットを安くゲットしましょう♪

 

 

 

© 2017 フィット 値引き rss